はなまるうどんvs丸亀製麺。グラム数&料金比較

料理・グルメ
スポンサーリンク

『はなまるうどん』と『丸亀製麺』を比較。うどんのグラム数や料金の違いなどをまとめて紹介。外食店トップクラスのコスパともいえる『はなまるうどん』に大きな動きが。「かけ」の料金が2020年5月26日から各サイズ70円値上げ。かけ(小)「220円+税」時代に

「はなまるvs丸亀」うどんのグラム数&価格比較

【はなまるうどん】

価格グラム
220円+税約210g
320円+税約420g
420円+税約630g

 
【丸亀製麺】

価格(税込)グラム
300円約250g
410円約400g
520円約550g

 
『はなまるうどん』のうどんのグラム数は
小210g
中420g
大630g

程度と言われています。

価格は2020年5月26日から
『かけ』の小、中、大、各サイズの価格が70円値上げ(税別)となりました。

小:150円→220円
中:250円→320円
大:350円→420円

※『かけ』の価格改定は2019年3月以来
※一部店舗では価格が異なる場合があります

 
一方の丸亀製麺のうどんのグラム数は
並:約250g(260~280g程度)
大:約400g(390~405g程度)
得:約550g(520g~560g程度)※並の約2倍

といわれています。

※丸亀製麺では一般的に特盛をあらわす「特」を「得」と表記している

※うどんを釜から揚げるため、多少グラム数が変わる場合があります。
機械ではないので担当の人によっても(多少)違いがでると思われます。
また、同じ人でも毎回同じグラム数になるのは難しいと考えられます

※一部店舗では価格が異なる場合があります

スポンサーリンク

はなまるうどん

【はなまるうどん評価 ※かけ(小)220円時代】

コスト ★★★★☆ 4
コスパ ★★★★☆ 4

※一部店舗では価格が異なる場合あり

はなまるうどんは、うどんの他にも天ぷらやおにぎりなどサイドメニューも充実しています

かけ小100円時代

2020年5月26日から「かけ(小)」の価格が220円まで上昇しました。

数年前までは、かけ(小)が100円という時代もありました。
さらに、開店した直後の店舗ではオープンセールとして、「50円引き」というキャンペーンも行っていました。
つまり、かけ(小)一杯50円です。(100-50=50)

かけ(小)50円。
これ以上のコスパがよい飲食店は存在しただろうか。
おそらく、日本の外食チェーン店で、「最強クラスのコスパ」だったのではないだろうか。

はなまるうどんでは、かけ(小)を注文すると
「天かす、生姜、七味(一味)、ゴマ」などを無料でトッピングする事も可能。
味にオリジナルを出したければ、醤油などで自分好みに調整ができる。

さらに店舗によっては、水のセルフサービスに加え、お茶の無料提供もあります。

以上の事からも220円という金額でも妥当と考えられます

はなまるアプリ

はなまるうどんのアプリ公式アプリ『はなまるアプリ』が好評配信中。

はなまるアプリではアプリ限定のクーポンなどをゲットする事ができます。

他にも、今いる位置からお店を検索できたり、お得な情報が届くという内容になっています。

※ダウンロード無料

丸亀製麺

【丸亀製麺 評価】
コスト ★★★★☆ 4
コスパ ★★★★☆ 4

※一部店舗では価格が異なる場合あり

丸亀製麺まるがめせいめん
株式会社トリドールが運営する、うどん専門店。

丸亀製麺のうどんは
全店舗「打ちたて、茹でたて」で、
北海道産100%の小麦粉を使用。
その食感は「つるつる、もちもち」。

他店とは違ったうどんを楽しめるかと思います

スポンサーリンク