郵便物住所と宛名違い「苗字だけ」、「様方」は届く?

荷物(郵便・クロネコヤマト)
スポンサーリンク

住所が合っていても、宛名が違う場合は郵便物が届かないケースがある。その理由は日本郵便独自のシステム「配達原簿」 。郵便物(日本郵便)。発送や、受け取り、誰もが利用した事があるであろう配送方法。しかし住所が合っていても、「あて名が間違っている」と、配達されないケースもある

郵便物の宛名が会社名

郵便物(日本郵便)の発送や、受け取りは
誰もが利用した事があると思われる配送方法ですが、
住所が合っていても「あて名が間違っている」と配達されないケースもあります。

宛名が会社名や会社名が変更した場合、
住所が合っていても『現在居住中の住人リスト』に該当する宛名の記載が無い場合、
対面確認
または不在時などは現住調査のハガキを自宅ポスト(住所・所在地)に入れた後、返事を待つ
というケースもあるのです。

返事を待っている状況であれば郵便物は保管されているとの事ですが、
しばらく返事が無い場合や記載内容(回答)によっては郵便物が相手先に返送されるケースもあるので、迅速な対応をオススメします。

※保管期間は1週間程との情報もあるため、できるだけ早めに処理しましょう。

サイト名や架空の宛名にしてしまうと
身分の確認ができない場合は、返送される可能性があるので注意!

※その他・特殊なケース、不明な点などはお近くの郵便物を管理している郵便局に問い合わせするのもよいでしょう

 
【事例(体験談)】
実際にあった宛名違いの事例を紹介。
サイト名で入力された郵便物があるということで、現住調査のハガキが自宅ポストに投函。


現住調査のハガキに氏名を記入し、郵便ポストへ投函。
※受取人の名前がサイト名の為、現在居住中の住人としては記入していない


しばらくしても「届くはずの郵便物」がとどかず、担当の郵便局へ確認に行くと
1週間以上日数がたっていたが、担当郵便局で『保管している』という回答があった。
「受け取りには郵便物に記載されている受取人の名前を証明するものが必要」との事だが
サイト名を証明するものはなく、差出人へ返送という結果となった。

このような結果になったのは
日本郵便独自のシステム「配達原簿」が影響している

日本郵便配達原簿システム

日本郵便「配達原簿」システム
配達原簿はいたつげんぼとは
全国の集配郵便局で日々の配達業務に利用するための資料で、
郵便局が独自に作成している住民リスト(「原簿」ともいう)

普通郵便等の配達は「宅配便の配達」とは違い、
・郵便受けに配達するので宛名の人物が住んでいるか
・転居していないか
の確認を配達時に対面で行えない。

そのため、記載されている住所に誰が住んでいるか配達員が把握していないと、
ただ単に住所通りに配達するだけでは
「住んでいない人宛て(転居した人宛て)の郵便物を配達してしまう」
という誤配達が起きてしまう。

この誤配達を防ぐため、郵便局では地域の全住民の居住者リスト(配達原簿)を作成している。

 
原簿には主に
・番地
・部屋番号
・世帯主名、会社名
・家族名
・同居人名
・転居者名
などが記載されている。

スポンサーリンク

戸建だけでなく、集合住宅の全部屋の住民の名前も載っている。
ただし『ゆうパック』を含めた宅配便業者は対面で現住確認できるので、
宅配便業者には原簿は存在しない

参考:配達原簿 Wikipedia

原簿に無い人あてには様方を

原簿に名前を記載してもらうには
郵便局に転居届を出せば、新住所の原簿に登録される。

原簿に名前が無い場合は
様方さまがた
が付いていれば配達可能となる。


○○様方

○○の部分は「世帯主の苗字」を記載することで、
原簿に記載されていない人あてでも配達可能となる。

郵便局での事前の手続きは不要の為、
サプライズや秘密にしたい商品、プレゼントなどに活用するのもよいでしょう。

 
【様方 記入例】
鈴木一郎様方 田中太郎様

実際に様方をつけた場合の記入例は
「鈴木一郎様方 田中太郎様」
となります。

「鈴木一郎様方」の部分は、
苗字だけでも可能とありますが、
一般的に宛名はフルネームで記入しているので、
できるだけフルネームの方がよいかと思われます。

「田中太郎様」の部分、
受け取る人の名前は必ずフルネームにしましょう。

 
【具体的な記入例】
「鈴木さんの家」に「田中さん宛て」の郵便を配達する
とした場合の記入例は以下の通り

 
【フルネームの場合】
様方住所:○○市○区○町 1-1-1 鈴木一郎
宛名:田中太郎

(実際の記入例)
○○市○区○町 1-1-1 鈴木一郎様方 田中太郎様

 
【みょうじ(名字・苗字)だけの場合】
住所:○○市○区○町 1-1-1 鈴木 様方
宛名:田中太郎 様

(実際の記入例)
○○市○区○町 1-1-1 鈴木様方 田中太郎様

名字は合っていて名前が違う場合

宛名の「名字」は合っていて、「名前」が合っていない場合はどうなるのか。

郵便・配達原簿システムでは
主に
・番地
・部屋番号
・世帯主名、会社名
・家族名
・同居人名
・転居者名
などが記載されている。

誤配達を防ぐため「以上の内容に相違点があれば配達はされない」はずだが、
「例外」もあるようだ。

あくまでも実体験であるが、
「名字が合っていて、名前が違う」という条件で郵便物が届いたというケースが過去に2件ほどあった

【ケース1】
名字は合っていて「名前が漢字の変換ミス」で届く

【ケース2】
(ケース1同様に)
名字は合っていて「名前が入力ミス」で届く
という事が過去にあった。
※漢字の変換ミスという訳では無くフリガナも合っていないような状況

このように例外となるケースもあるため、
記載ミスだからといって「必ず」届かないという訳でもなさそうだ。

※今回紹介した実体験は全地域共通とはいかないかもしれない。
レアなケース(たまたま)だったのかもしれない

本来届くはずの郵便物が届いていない場合は、郵便局に問い合わせをする事をオススメします。
理由は「日本郵便・配達原簿システム」の可能性があるからである

スポンサーリンク