ポケモンサンムーン通信交換まとめ。交換の注意点・役立ち情報

ゲーム
スポンサーリンク

【ポケモンサンムーン交換】ポケットモンスターサン・ムーン通信交換方法まとめ。交換時の注意点、他人のポケモンが言うこときくレベルの条件、序盤からレベル100のポケモンが言うこときく方法などを紹介。XYでも登場した「ミラクル交換」がサンムーンでも登場

ポケモンサンムーン通信交換方法

ポケモンサンムーンでは
「クイック通信」
「フェスサークル」
での通信交換が可能。

クイック通信(ローカルプレイ)では近くにいる友達と2人で簡単に対戦や交換ができる。

フェスサークル(ローカルプレイ・インターネット通信)ではローカルプレイで近くの友達と、
インターネット通信で遠くの人と交流ができる

クイック通信

クイック通信では最大2人までの通信が可能。

用意するものは
本体:2台
ソフト:2本

※ソフト=「ポケットモンスターサン」または「ムーン」

クイック通信手順
1. ポケモンサン・ムーンを「はじめる」(つづきから はじめる)

2. ワイヤレス通信をオン
※ワイヤレス通信(無線)はゲームの途中からでもオンにする事が可能。

3. Xボタンを押しメニューを開き「クイック通信」を選択

4. 下画面をタッチし続けると相手を探し、相手をみつければ通信が繋がる

 
以上がクイック通信交換の手順となる。

「クイック通信」では
・対戦(シングルバトル)
・対戦(ダブルバトル)
・通信交換
・選ぶのを相手にまかせる
の4つの選択肢から選べる。

※「選ぶのを相手にまかせる」を除けば実質3つの中から選ぶこととなる

フェスサークル

フェスサークルでは最大4人までの通信が可能。

用意するものは
本体:最大4台
ソフト:最大4本

対戦や交換のほかにも以下の事ができる。
・GTS
・ミラクル交換
・バトルスポット
・アトラクション
・バトルロイヤル
・ゲームシンク

フェスサークル手順
1. ポケモンサン・ムーンを「はじめる」(つづきから はじめる)

2. ワイヤレス通信をオン

3. Xボタンを押しメニューを開き「フェスサークル」を選択

以上でフェスサークルに参加できる。
※フェスサークル中はローカルプレイが常時行われている状態となる。

通信方法は「インターネット通信」と「ローカルプレイ」の2種類。
インターネット通信に接続していない(切断する)とローカルプレイとなる

ミラクル交換

ポケモンXYでも登場した「ミラクル交換」がサンムーンでも登場。

ミラクル交換とは
自分のポケモンを1匹選び世界中の誰かのポケモンが交換されるというシステムで「インターネットに接続」している必要がある。

この交換のメリットは大きい。
前作のXY同様に
「トレーナーIDくじ引き」にも有利になり、
交換後には「フェスコイン(FC)」が貰える。

※IDくじ引きはハウオリシティのアローラ観光案内所にいる女性に話かけると1日1回の抽選が行われる。

 
さらには他トレーナーのポケモンは貰える経験値が多い事や、預かり屋に預けタマゴがうまれやすくなるというメリットがある。

また、違う言語のポケモン同士だと「国際孵化」と呼ばれる状況になり「色違いのポケモン」がうまれる確率が上がるといわれている。

スポンサーリンク

 
【経験値情報】
親が他人のポケモン:経験値×1.5倍
他人外国産ポケモン:経験値×1.7
しあわせたまご  :経験値×1.5
ポケリフレ(ハート2つ以上):経験値×1.2
進化キャンセル  :経験値×1.2

通信交換はいつからできるか

ポケモンサンムーンの通信交換は最初からはじめて、1時間~1時間30ほどで可能となる。
(ポケモン集めなど無駄を省けば開始1時間前後で交換までいける事もあるだろう)

ポケモンサンムーンの交換はポケモンセンターに行った(リーリエからポケモンセンターについて教えてもらった)後から「クイック通信」、「フェスサークル」が可能となる。
(加えて「QRスキャン」、「バトルビデオ」も同時に使用可能となる)

ポケモンXY同様にわざわざポケモンセンターへ行かなくとも、どこでも通信交換が可能なのが特徴だ

ポケモンサンムーン言うこときくレベル

ポケモンサンムーンでは大試練をクリアするごとに「他人と交換したポケモン」が言うこと事をきいてくれるレベルが上がる。
はじめたばかりであれば、XY同様、レベル20までのポケモンが言うことをきく。
が、サンムーンではその後「大試練」達成ごとに

20→35→50→65→80→100(すべて)

となる。

 
XYでは「8つのバッジ」によって言うことがきくレベルが異なっていた。

【XYバッジの数とレベルの関係】
バッジ無し:レベル20まで言うことを聞く
バッジ1個:レベル30まで
2個:レベル40まで
3個:レベル50まで
4個:レベル60まで
5個:レベル70まで
6個:レベル80まで
7個:レベル90まで
8個:レベル100まで(すべてのポケモン)

※たまに言うことを聞く事があるが、昼寝(ねむり状態)をしたり、自分にダメージを与えたりして言うことを聞かない場合がある

序盤からレベル100のポケモンが言うこときく方法

個人差はあるが、ポケモンサンムーンの通信交換は最初からはじめて、1時間~1時間30ほどで可能となる。

その状態からレベル100のポケモンが言うこときく方法がある。

それは
「自分のポケモン」であるという事。

他人から貰ったポケモンであるからレベルの規制がある。
発想を逆転させると「自分のポケモンであればレベルの規制はない」のである。

 
手順は以下の通り。

交換できるまでゲームを進める(約1時間~1時間半ほど)

クリア後の別ソフト(またはレベルアップが効率よくできるソフト)に自分のポケモンを送る

レベル100(または気がすむ)までレベルを上げる

送ったポケモンを元のソフト(自分)に戻す

序盤で役立つ通信交換

はじめたばかりの頃に役立つ情報を紹介。

【わざマシンNo.54 みねうち】
「みねうち」は相手のHPが必ず1だけ残るように手加減して攻撃する。
モンスター集めに役立つ技だ。

・みねうち
タイプ:ノーマル
分類:物理
威力:40
命中:100
PP:40

※PP=パワーポイント。技を出せる回数。0になると技を出せなくなる

 
【違うデータからポケモンを交換】
違うデータ等からポケモンを交換したり、ポケモンに技を覚えさせたり、アイテム(もちもの)をおくってもらったりする事が序盤から可能となる。

以上のような事をすれば旅は楽になる。

モクローは「みねうち」と「はねやすめ」両方を覚える事ができる。

「おまもりこばん」、「しあわせタマゴ」、「たべのこし」
なども序盤からあると役立つアイテム(もちもの)だ。

その他にも、「はねやすめ」、「ねむる」、「ねごと」、「デスウィング(イベルタル)」
などの技もキズぐすりいらずで序盤に役立つ
※デスウィングは反則級の技

スポンサーリンク