車の運転中に「飛び石」被害が起きる理由&対策法

クルマ(車)
スポンサーリンク

クルマを運転している時に誰もが起こり得る「飛び石」(跳ね石被害)を防ぐ事はできないのか。飛び石が発生する原因と対策方法を解説。不運にも飛び石被害を受けてしまった場合は『ガラスリペアキット』を使い、自分で修復させるという選択肢も(早期発見・早期修復)

飛び石被害の理由

飛び石被害の理由

『飛び石被害』。
これは(原則)ドライバー全員に起こりうる問題です。

飛び石(跳ね石被害)とは
前方向(場合によっては斜め・横方向)の車から飛んできた小石が
後ろ方向(場合によっては斜め・横方向)にいる自分が運転する車両に当たる事をいう

※飛び石による被害はフロントガラスの他にもボディやボンネットに当たり、傷やヒビ割れを起こす可能性がある

飛び石の原因は
相手車両のスピードの出しすぎ(主に高速道路)
などが挙げられます。

飛び石対策として、
車間距離をあける
などが挙げられますが、
横・斜め方向からの飛び石の可能性も考えられます。

つまり、100%飛び石を防ぐという事は不可能と言えるかもしれません。
スピードが出せない道路でも飛び石被害の可能性はあります。
例えば追い越し車線から猛スピードで走行する違反者がいた場合、
いくら前との車間距離をあけていても「必ず被害を受けない」というのは難しいようです

飛び石対策・車間距離をあける

飛び石対策・車間距離をあける

誰でもできる飛び石対策は
「車間距離をあける」
事です。

スポンサーリンク

そもそもスピードを出さなければ飛び石被害は飛んでくる事は(まず)ありません
が、違反者もいるのが現状です。

となると、誰もができる対策法は車間距離。
車間距離を「大きく」あければ飛び石被害の確率が下がると考えられます。

さらに言えば
トラックやダンプカーといった「大型自動車」が原因とされる飛び石被害の声も多くあるようなので、
そのような大型自動車が付近を走行中の場合は
車間距離を大きくあける事も対策となるでしょう。

 
また、
確率的に言えば交通量の少ない時に運転するのも飛び石対策といえるかもしれません。
車の数が少なければその分、飛び石の確率も下がると考えられます。
(クルマの数がゼロ=飛び石の確率0)

ガラスリペアキット

車間距離を大きくとっていても起きてしまう可能性がある飛び石被害。
不運にも飛び石の被害を受けてしまった場合、
「早期発見・早期修復」
が大切となるケースもあります。

『ガラスリペアキット』では
飛び石による傷やヒビ割れを修復する効果があります。
はじめは小さな傷でも放っておくと振動や風圧で傷が大きくなる事もあるので修復作業をする場合は
はやめに行いましょう

また、万が一の時に備え、
車内に常備しておくという選択肢もあります。
(価格も商品によって異なりますが、数千円程度とリーズナブル)

飛び石による被害額が
「数万円~数十万円」
※ガラス交換費用などすべて込み
※車両や修理業者によっては10万円~20万円

というケースもあるようなので
飛び石被害が発生する度にそのような金額を払っていてはダメージが大きすぎます
(お金の他に「時間」や「メンタル」にも負担がかかります)

保険で支払ったとしても、等級が下がるケースもあるなど飛び石被害でよい事は1つもありません

まとめ

  • スピードが出やすい道路は注意
  • 高速道路は特に注意
  • 車間距離をとる
  • 大型自動車(ダンプトラックなど)に注意
  • 思わぬ方向からの飛び石の可能性も(追い越し車線など)
  • 飛び石被害を100%防ぐのはまず不可能(車間距離をあけていても必ず飛び石被害を無くせるという事ではない)
  • 後は「運」次第。(これだけは、どうする事もできないか)運も影響することも
  • 『ガラスリペアキット』を使い、自分で修復させるという選択肢も(早期発見・早期修復)
スポンサーリンク